RE/MAX NOW

BLOG

2021
01.25
採用

エージェントの活動方法 リマックスナウで開花するには

こんにちは

エージェントリクルート担当の丹 信貴です

 

今回は、エージェントの活動方法として

「リマックスナウで開花するには」

についてお話ししておきます

 

ちなみに、独立する方の適正

というと

自己啓発型の本やサイトに載っていそうな内容として

「自己管理ができている」

「やる気がある」

「ポジティブシンキング」

「資金力がある」

とか…

想像できそうな内容がズラリと並んでいます

 

で、リマックスのエージェントはというと

同様に、個人事業主のフリーランスなので

大小問わず、すべてをセルフマネジメントして

すべて自分でできるようになることを目指す

と思われることと思います

 

自分で1から10まですべてやりたい、やれる自分になりたいエージェントにとって

リマックスへの参加の動機は、

「不足しているスキルや経験の補完・自信をつけたい」

経験はあるが「まだ宅建士資格をもっていない」

本当は開業したいが「十分な開業資金が無い」

が多くを占めると思います

そして、

経験と資金面に自信がついたら宅建業を開業したい、と考えています

 

そしてその宅建業の開業において、そのようなほぼ一人親方的なスモールビジネスを選択する人は

やりたいことをやる、とかよりも先に、

「一人前になりたい」「雇われたくない」「一人で自由にやりたい」「自由に自分の範囲で儲けたい」

という方が多いと思います

なので、会社(事業)の継続の動機は、

自分の為に最小限の力で最大限の売上高(利益)を上げること

が中心になります

金が儲かった時に「楽しさ」や「嬉しさ」があります

仕事の面白さより先に、まず経済を成り立たせる必要があり

お金が儲かる事にだけにパワーを注ぎ

お金に行動・活動を左右されるスタイルをとらざるを得なくなることになります

周りとのつながりも早くお金になる繋がりを重要に活動します

 

これだけ書きましたが、この動機は「ダメだ」と言っているのではないですよ

「宅建業自体が面白いから人生の仕事としてやっている」のではなく

まずは「お金を稼ぎたいから」仕事をやることになります

これはこれで良い事だと思います

何かをする為の、重要な原動力となり、夢のある未来を叶えたいので努力できます

そのようなエージェントには、一日も早く宅建業を開業され、自分の夢を叶えて欲しい、と考えています

 

そういう参加動機、働き方が傍目で見た場合は、一般的かと思います

 

と、ここで

そういうスタイルは「一人だけで働いて」「一人だけで稼いている」

との印象を与えたと思いますが、

 

実は… 違うんですね

ココからがリマックスのエージェントスタイルに繋がる話ですので、もうあと3分ほど読み進めてください

 

エージェント志望の方を含め経営をしていない方、世間一般のイメージは

不動産知らないと不動産屋はできない

なので1から10まで出来なければ不動産屋はできない

よって、エージェントも1から10まで出来るようにならなければならない

だと思います

 

一人親方の方の職種は

原則、プレイングマネジャー(但しセルフマネジメント)である場合が多い

プレイングとは営業

マネジメントは経営管理

 

不動産というのは、課題も解決方法も解決実務も相当に多岐にわたり奥が相当深いです

なので、すべてを網羅している人は、日本中探してもいないと思います

その中で、プレイングを1~10まですると言っても、多岐にわたる膨大なスキルの一部について何年かかっても数個できるかどうかが関の山です

また、セグメントされたスキルの内、工程の1~10まで常に一人でやりこなすことは、時間も労力もコストもかかり、結果不効率になる事が多いです

その上、会社員時代に行っていたプレイング部分だけでは足らず、セルフマネジメントまで行わなければならない現実がまっております

想像通り、一人親方がすべてに業務を一人で行い、一人で儲けるのは大変な事なのです

不動産屋が大変なのではなくて、一人ですべてをやり続けることが大変で、しかも楽して金儲けが原動力であれば

こんな面倒な事は続けられない、と思うことになっていくのです

 

なので、続いている不動産屋は

不得手な部分は、外注、他不動産業者と一緒に仕事をしたり、得意な部分だけを自分で行い

自分の強みのあるブルーオーシャンにて、マイペースに仕事をしているのです

これは、年齢が上がったベテラン不動産屋であれば、その傾向がどんどん強く

同業者間の力をうまく使い仕事をしているのです

 

わかりますか?

続いている人で、全部1~10まで自力でやっている人なんていないのです

 

そして、エージェントのスタイルも同じです

エージェントは、そのスタイルは自分ですべてをやらなければならない、と誤解されている方は多いと思います

そして、一通りやってみて、

「あ、これは、大変だ、自分にはできない」

と思いあきらめるか

「あ、なんとなくわかったぞ。どの業界も一人で一人だけでやるものではないのだな、では、どうすればいいのか?」

と気づきを得て、

「今の方法では、不効率だな。苦手な部分は、特に時間もかかるし。工程の1~10の内、自分の得意な部分だけを徹底的にブラッシュアップして、その部分を極め、あとはそれぞれが得意なパートの方にお願いや共有し、自分は自分の得意な事だけに集中した方がいいな。そう、会社員時代にあったな、かつ制限なく自分の考えを誰にも邪魔されることなくやれ、本当に仕事を楽しめる環境を作れたら最高なのに…」

そして、周りを見渡せば

「そうだ、いろんな事を得意とした仲間のエージェントや取引先・クライアントがたくさんいる。誰が、お客さんだから、こうしないといけない、とかでなく、それぞれの持ち味、得意パートを活かして、最高のチームを作ってみんなWin-Winが一番だ!」

”だって、私は一人で生きているんじゃないんだから”

 

具体例でいうと

特化するパート以外はすべて

不動産を持ってる人と欲しい人とつなぐ仕事だけに特化する

他エージェントの物件資料やyoutube動画、セールスブログの制作に特化する

他エージェントの契約書作成や調査・重要事項説明だけに特化する

顧客開拓だけに特化する

等々数えたらきりがありません

 

余談ですが、他のパートもそのうちできるようにも含めて

エージェントは取引の事例と反省会を必ず、他のメンバーと共有する事も重要です

一人の事例はひとつだが、10人がそれぞれ事例を出して反省会は、同時に10通りの取引の技術を共有することになり

成長のスピードがあがり、また、他エージェントの強みや適性パートの再認識ができ

更に加速する事が出来ます

 

自分の夢と成長を、皆とかなえる事ができるプラットホーム

それがリマックス、なんだ

私がリマックスのオフィスを運営していて

リマックスのエージェントがこのシステムを利用して開花する方法、より活躍できる方法は

ソレなんだな、とわかりました

 

P.S. リマックスナウで開花するには

自分で抱え込まないで

不安だったらだれかに相談すればいい

相談する人はいないのであれば

私に相談してみればいい

私はあなたの最終相談者だから

 

 

採用サイトはこちら